週間報道サイトの事実無根の誹謗中傷について

ホーム » <週間報道サイトの情報について>

平成30年10月01日 追記
昨年末より週刊報道サイトの佐藤昇氏が逮捕され、執行猶予付き有罪判決が確定したという報道が一部サイトにてされております。

当社としましては、これまでの誹謗中傷記事に対する名誉棄損での警察への告訴(即日受理)や、その後に週刊報道サイトから中傷記事の一部が削除されたことからも、当社の対応が正当であり、また一定以上の成果があったと判断しております。

本件に関しては事業運営に支障を来す状況にあったことから、 これまで当ホームページにてご報告させて頂いておりましたが、今後事態の推移を見守りつつも、これ以上の大きな動きが無い限り、ご報告を一旦終了させて頂く所存でございます。

<アクセスジャーナル>
https://access-journal.jp/2352
<MONEY VOICE>
https://www.mag2.com/p/money/360158/4


平成27年11月25日 追記
この度、平成27年4月17日付けで中央警察署に対し、週間報道サイトの佐藤昇代表を名誉毀損で告訴し、同告訴は同日正式に受理されました。

担当者の方によれば、この件は警察において同時に被害届等が提出されている別件数件と併せて捜査が進められ、その後東京地方検察庁に送検されました。

捜査当局による証拠の収集その他犯罪摘発のためのこれまでの努力に深く感謝するとともに、検察庁においてはより厳しい捜査が行われるようですので、当面の間事態の推移を見守りたいと思います。


-----------------------------------------------------------------------------------------------

<週間報道サイトの情報について (平成25年11月掲載)>

当社は、昨年来インターネット上で週刊報道サイトなるサイトが当社の代表取締役社長である山本勲について「京橋筋」というような意味不明な表現をしてあたかも正常な人物でないような印象を与える報道を継続していることが判明し、困惑しています。

また、同時に元みずほ銀行職員である及川幹雄氏と正常な商行為をしたことを一方的に山本勲が同人と共謀して詐害行為により第三者に不利益を被らしたかの訴訟を受けていることを恰もそれが事実であるように報道しているものです。

当社の山本勲は、同サイトの編集者である佐藤昇氏等同記事に記載されている人物及びそれらの関係者とは、全く面識もなく、いかようにして「京橋筋」なる判断をしたのであるか、不明であります。

従って、これらの記事は、事実関係を全く誤解して一方的に記載しているもので、当社としては事実無根の誹謗中傷記事であります。

現在に至るまで、当社は全く事実無根の事項であるところから深く関心をもたなかったところでありますが、ここに至り取引先及び不動産購入者等からの忠告もあり、将来においては、事業運営に支障を来す状況に至ってまいりました。

そのような点から、当社顧問弁護士を中心として、警察、弁護士会等と相談しており、近々刑事、民事において名誉棄損等で報道機関及び編集者等に対して裁判を提起することも視野に入れて検討しています。

また弊社では定期的に東京都公安委員会の暴力団による不当要求防止責任者講習を受講している会員であり、暴力団との関係もないことをここに証します。


「不当要求防止責任者講習 受講修了書」

東京都公安委員会 受講修了書

「全日本不動産協会からの感謝状」

全日本不動産協会らの感謝状

同記事の内容・対応に関する事項は、下記辯護士で対応しておりますので、必要な方はご連絡ください。

辯護士 唐澤貴夫
住所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル12階
電話:03-6206-1303


PAGETOP